オーバーリミット札幌校へのご入会はこちらから
CONTACT
SCHEDULE
STAFF
SYSTEM
JIU-JITSU
OVER LIMIT
TOP
ABOUT
Over Limit Sapporo
北海道の本格ブラジリアン柔術道場「Over Limit Sapporo」
-ブラジリアン柔術アカデミー- 札幌・柔術・格闘技
北海道初のグレイシー直系黒帯の村田良蔵が代表を務めるブラジリアン柔術専門のジム「Over Limit 札幌」。
安全面に配慮した丁寧な指導で、誰でも気軽にブラジリアン柔術をはじめられます。
シャワールーム完備の清潔な環境と設備、従来の道場や格闘技のジムの常識をくつがえしたおもてなしで、どなたでも通いやすい雰囲気づくりに取り組んでおります。
初心者〜プロまでの指導を視野に入れた豊富なレッスンプログラム。キッズ・レディースクラスでは空手も指導しており、男性も受けることができます。

「王手飛車取り」というような将棋やチェスに例えられるブラジリアン柔術。何歳からでも始められ、打撃のない安全な格闘技であるため海外を中心に広まり、現在では会社の福利厚生などに取り入れられている人気の格闘技です。格闘技とはいうものの、力や体格だけに頼らず、何歩も前の状態で相手を追い込んでいく知力も必要とする競技なので女性や子供の競技人口も増えています。
オーバーリミット札幌が選ばれるつの特徴
オーバーリミット札幌は個別指導に定評あり!
「身体を視るプロ」による一人ひとりにあった指導
柔術には、人の身体の特徴によって「向き/不向き」の技があります。そのため、インストラクターは技が出来るだけでなく、「人の身体を視る力」が本来必要なのです。オーバーリミットのインストラクターは、柔術だけでなく、ヨガやボディケアのトレーニングをしているため、個々人の身体にあった指導が出来ます。
ブラジリアン柔術は身体機能の改善効果もあります
強くなるだけでなく、身体の機能改善も
ある技を習いたいと思っても、身体が思ったように動かないと怪我に繋がります。そのため、オーバーリミットには、併設されているヨガスタジオも利用できるコースを用意しています。身体のかたさや悪し姿勢など「身体のブレーキ」を取り除くことが、ただ柔術を鍛えるトレーニングをするよりも成長を実感することが出来ます。また、柔軟性アップや疲れにくい身体など、身体機能の改善にもつながります。
格闘技初心者や、運動が苦手な方にもおすすめなブラジリアン柔術
運動が苦手な人でも実践できる練習メニュー
全日本選手権などで結果を残しているインストラクターの中には、子供のころから運動が苦手だったものもいます。そういったスタッフの経験もいかした、難しい動きではなく、身体の基本の動きにそった練習メニューが中心となるため、「運動が苦手」と思っている方ほど、より楽しめるメニューとなっています。
オーバーリミット札幌は女性も通いやすい!
女性会員が通いやすい仕組み
専用更衣室は当然ご用意。プログラムも全身を効果的に動かす運動が多く、大きな力を必要としないため、安全に練習に取り組むことが出来ます。また、ペア練習などもスタッフが率先して組み合わせを決めていきますので、体格差などが不安な方も安心して練習できます。
オーバーリミット札幌で共通の趣味を持った仲間を見つけましょう!
意識の高い共通の趣味の友達ができる
オーバーリミットの会員は、柔術を習ったことで、仕事や日々の生活の生産性が変わり、活動的になった方が多くいます。そうした方々と、柔術という共通の趣味を通じて、交流が深まります。飲み会や小旅行、別の共通の趣味で一緒にイベントに参加するなど、会員同士での企画も数多く生まれています。
Access

OVERLIMIT ブラジリアン柔術アカデミー

〒060-0062 
札幌市中央区南4条西1丁目15-2 栗林ビル3F
TEL 011-522-9466

OVERLIMITグループ校
グループ店ヨガ メディテーションアカデミーの内観写真
ヨガ メディテーションアカデミー 札幌
〒060-0062 札幌市中央区南4条西1丁目15-2 栗林ビル 3F
TEL 011-280-0358 | FAX 011-280-1358
MAIL info@yma-s.com
------------- OVERLIMITグループ校 -------------
オーバーリミット札幌のグループ校「ヨガメディテーションアカデミー」へのリンク
お問合せ
安全面に配慮した丁寧な指導で、誰でも気軽にブラジリアン柔術をはじめられます。
シャワールーム完備の清潔な環境と設備、従来の道場や格闘技のジムの常識をくつがえしたおもてなしで、どなたでも通いやすい雰囲気づくりに取り組んでおります。
オーバーリミット札幌へのお問い合わせはこちら
オーバーリミット札幌へお電話はこちら
copyright © OVER LIMIT All Rights Reserved.